妊活サプリおすすめランキング【子宝ちゃんねる】

妊活サプリおすすめ総合ランキングサイト☆口コミ情報とタメになるコラムも掲載中

妊活コラム 妊活中の酵素

妊活中に酵素がおすすめの全理由!健康的な妊娠のための教え

Pocket
LINEで送る

こんにちは。
子宝ちゃんねるのライターのぞみです。

「生命のあるところであれば必ず存在する」と言われているように、酵素は人間が生命を維持していく上で欠かせない物質になります。
言うならば酵素は人にとって空気や水と同じような存在と思って頂けると分かりやすかと思います。

人間は食べ物を食べるだけでは生きてはいけません。なぜなら体内に取り込んだ食べ物を消化したり吸収、分解する、と言った加工が必要だからです。酵素には、このように食べた物を消化したり吸収する働きはもちろん、新陳代謝や活性酸素の除去などを行う様々な生命活動に関係しています。

妊活中にも酵素を積極的に摂り入れると、体内で様々な良い効果を発揮してくれるので「妊娠しやすい体質」を作ることができるようになります。

今回は、酵素の基本的な情報や、なぜ妊活中に良いと言われているのか?また、妊活中におすすめできる酵素について、私の体験談も交えながらご紹介していきます。

↓先に妊活中のおすすめ酵素をご覧になりたい方はこちら

酵素について簡単に分かりやすく説明します

人間が生きていく上で酵素は必要不可欠、と言うことは何となくお分かり頂けたかと思います。それではもう少しだけ酵素とは一体なにもの?と言うことで、できるだけ簡単に分かりやすく説明していきたいと思います。

酵素には3000もの種類・働きがある

酵素は現在発見されているものだけでも、およそ3000もの種類があります。その酵素1つ1つは「それぞれ1つのことしか出来ない」と言う特徴があります。

例えば人間の唾液に含まれている酵素の1つ「アミラーゼ」で言うと、炭水化物を分解することができるものはたんぱく質を分解することはできません。逆にたんぱく質を分解できる酵素「アミラーゼ」は炭水化物を分解することはできません。「自分不器用ですから!」と言う言葉が聞こえてきそうですね。(笑)

このように、酵素には1つ1つに役割があることから、酵素の働きは3000もの種類がある、と言われています。

酵素は産まれた瞬間から少しずつ少なくなっていっています

人間は、おぎゃーと産まれた瞬間から、酵素を少しずつ使って生きています。

例えば

  • 呼吸をする
  • 手を動かす
  • 考える

人間が行うすべての行動に、酵素が必要であると言っても過言ではありません。身体を動かさずに考えるだけでも酵素を使っているなんて。。。酵素は人間が生きて行く上でなくてはならないものなのですね。

しかし人間の体内で作られる酵素の量は決まっています。そして悲しいことに年齢を重ねるごとに、酵素が作られる量も少しずつ減っていってしまいます。

特に20代を過ぎたころから身体の中の酵素は急激に減り始め、30歳を超えたあたりからシミやシワ、たるみと言ったお肌のトラブルが増えてくる方も多くなります。

合わせて体重が減りにくくなり、実際に私の周りでも「30歳を超えると体質が変わった」と言う方が多くいらっしゃいます。私もそんな中の1人です。

言い換えると、体内に酵素を多く取り込んでいる人ほど、いつまでたっても健康に若さを保つことができると言えます。

酵素を増やすにはどうしたらいいの?

それでは少なくなった酵素はどうしたら増やすことができるのでしょうか。

酵素は大まかに分けると2つの種類に分けられます。

  • 潜在酵素・・・身体の中にある内部酵素
  • 植物酵素・・・食べ物から摂取する外部酵素

もうお分かり頂けたかと思います。そうです、この植物酵素を食べ物やサプリなどから補うことができるのです。酵素を多く含んでいる生野菜をはじめ、くだもの、発酵食品、酵素ドリンク、酵素サプリなどから積極的に摂取することで、酵素を補うことができます。

酵素は熱に弱い

酵素はたんぱく質からできておりますので、熱に弱い物質です。一般的に酵素が耐えられる温度は50度と言われており、がんばっても70程度が限界です。

ですので加熱した食材に酵素の働きはないとお考え下さい。もちろん加熱した食材も頂きつつも、少しだけ意識して加熱をしていない食材を食べることで、身体の中の酵素を増やすことができます。

酵素が多く含まれている食材

酵素が多く含まれている食材は、新鮮な生の食べ物です。

具体的には

  • お刺身
  • 生のお肉(レバーなど)
  • 生野菜
  • 果物
  • 発酵食品(納豆・味噌・キムチなど)

このあたりに酵素が豊富に含まれています。

酵素を減らさないためにできることは?

それでは大切な酵素を減らさないためにできることはあるのでしょうか?答えは「あります」。

1つの例として人間は食事をすることにより、食べ物を消化、吸収する際に酵素を使います。
ですので食事を「腹八分目」にすることで、1日3回使われている酵素の使用量を減らすことができます。昔から「腹八分目は医者いらず」と言われておりましたが、このようなことからもぴったりと当てはまりますね。

いかがでしょうか?酵素のこと、少しはご理解いただけたかと思います。

妊活に酵素が良い理由とは?

それでは妊活する方にとって、なぜ酵素が良いのか詳しく説明していきたいと思います。

酵素のチカラで子宮内膜をふかふかにする

妊活には欠かせない女性ホルモンの1種エストロゲンですが、エストロゲンを作り出す際にもまた、酵素のチカラが必要となってきます。

エストロゲンは主に卵巣から分泌されており、20代~30代の頃が最も分泌量が安定しています。この時期が一番、妊娠、出産に適した時期となりますので、人間の体は改めてすごいな、と感じずにはいられません。

エストロゲンにはたくさんの働きがあります。中でも妊活目線的にお伝えすると、エストロゲンは子宮に作用することで受精卵が着床しやすい「ふかふかのベッド」を作り上げてくれます。いくら質の良い受精卵があったとしても、着床する子宮内膜が厚みのないぺったんこのベッドであれば、着床する確率もぐっと減ってしまいます。

身体を温める効果がある

酵素には新陳代謝を高める働きがあります。新陳代謝がよくなると、全身の血液の流れが良くなりますので、その結果、身体が温まる、と言ったしくみになります。

そして不妊で悩んでおられる方の中ではびっくりするほど手足やお腹が冷えている方が多いのが現状です。実は私も長く不妊治療をしておりましたが、いつ測っても体温が35度台の低体温でした。

低体温=「身体が冷えている状態」と言うことで、冬場は特に手足が冷たく、お布団の中に入ってもなかなか温まらずに寝付けずに眠りの質も悪かっただろうな、と思います。

そしてその後、妊活の為に、生野菜、果物、酵素ジュースや酵素サプリなどを積極的に摂取することで私の体温は36度台後半にまで回復しました。冬場お布団に入ると、今までは主人の体にぴったりと手足をくっつけて暖を取らせてもらっていましたが(笑)そんなことをする必要もなくなり、自分のチカラで手足を温めることができ、今ではぐっすり眠ることができるようになりました。

酵素を積極的に摂取しながら身体を温めることで、赤ちゃんにとって居心地の良い身体になったおかげか、現在は3人の母になることもできました。ですので今もし妊活しているのであれば、ぜひ日々の生活の中で積極的に酵素を身体の中に取り込んで、少しでも赤ちゃんにとって居心地の良い身体づくりをはじめてみて下さいね。酵素は妊活はもちろん、他にもたくさんのメリットをもたらしてくれますよ。

▶ 参考記事:温活で体質改善!おすすめグッズや食べ物と温活効果について

免疫力をアップさせる

酵素を積極的に身体の中に取り込むことで、上記で説明させて頂いた通り身体を温める効果が期待できます。人間は体温が1度上昇すると、免疫力がおよそ5倍にもアップすると言われておりますので、身体を温めることは健康目線でお伝えしても、とても重要なこととなります。

そして免疫力のおよそ6~7割は腸にあると言われております。免疫力とは私達人間の体を守ってくれる言わば自己治癒力になります。

免疫力が低下してしまうと、人は病気にかかりやすくなります。例えば、インフルエンザに感染してしまった場合、免疫力の強い方だと感染だけで発症しない場合もありますし、発症したとしても軽症で済むことが多くなります。

しかし免疫力が低下している場合には、症状が悪化し二次的な感染症を起こしやすく、入院が必要になったり最悪の場合は死亡してしまうこともあります。
よく「免疫力の弱い赤ちゃんやお年寄りは注意して下さい」と耳にしますが、こういったことがあるからなんですね。

それでは酵素と免疫力の関係とはどのようなものなのでしょうか。

その答えは先ほどもお伝えした「腸」にあります。私達人間が生命を維持する為には食事が必要不可欠になってきます。食べたものを消化、吸収、排せつする働きを持っているのが「腸」になります。

食べものには有害な病原菌やウイルスなどが付着している恐れがあります。こうした人間にとって有害な物質が体内に入り込んでしまうのを防いでくれるのが腸にある「免疫力」の強さです。

腸内細菌のバランスを整えてくれる酵素は、免疫の細胞バランスを改善してくれる働きがあります。妊娠すると免疫力が下がると言われておりますので、ぜひ妊活中から免疫力をアップして、いつお腹の中に赤ちゃんがきても良い環境を作ってあげましょう。

▶ 妊娠中の免疫力アップ:メルミー葉酸サプリは妊娠中から産後、授乳期まで全期間1つで補える医師監修サプリメント

デトックス効果

デトックスとは「解毒」や「毒抜き」「毒出し」と言う意味があるのはご存じかと思います。身体の機能的にお伝えすると「毒素を排出する」と言うことになりますね。酵素にはこのデトックス効果も期待ができます。

身体にとって必要のないものをしっかりと排出できるようになると、身体にとって必要な栄養が細胞レベルにまでしっかりと行き渡ります。すると細胞は間違いなく元気になり、その結果、妊娠に必要な良い子宮の状態を維持したり、より良い卵子や卵巣の状態を保つことができる、と言うことになります。

卵子を若返らせる

人間は年齢を重ねていくごとにしわやたるみ、シミと言ったお肌の老化現象が出て来てしまいます。卵巣も同じく年を取ることに老化していってしまいます。しかし同じ年齢でも見た目が若く見える人、老けて見える人、さまざまですよね。

それではなぜこのような差が出てくるのでしょうか。そもそも人が老けて見える原因は、シミやしわ、たるみなどが大きな要因だと言われております。そして私達人間の体は金属と同じく「酸化」していきます。空気の中の入り込んだ酸素は「活性酸素」と変化し、この活性酸素こそが人間の体を「酸化」させるにっくき原因となるのです。

しかし人間は呼吸を止めて生きていくことはできません。そこで「酵素」の登場です。酵素は元々体内にも存在する抗酸化物質で、有害な活性酸素を無害なものに替えてくれる素晴らしい働きがあります。ですので日々の生活の中で酵素をたっぷりと含んだ食べ物やサプリ、ジュースなどをしっかりと取り入れることで、体内の活性酸素の働きを弱め、結果、シワやしみ、たるみはもちろん、卵子の老化も遅らせることができるようになります。

▶ オススメ記事:ミトコンドリアサプリは不妊・高齢出産・初めての妊娠に効果的な最強妊活サプリメント

妊活中の酵素ダイエット(ファスティング)が大人気!

ファスティングと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。ファスティングとは日本語に訳すと「断食」と言う意味になります。元々は宗教的な儀式として行われてきましたが、現在は健康や美容の為に行われることが多くなってきました。

そして今注目されているファスティングは、酵素ドリンクなどを上手に使って、人間にとって必要なカロリーやミネラルなどの栄養素はしっかりと取り込みながら、健康的に体重を落とす、と言ったものになります。

それでは健康的なダイエットの為に、少しだけ酵素とファスティングについてお話しさせて頂きたいと思います。

上記で説明させて頂いた、人間の体内で元々作り出すことができる酵素を潜在酵素と言います。

潜在酵素はさらに2つの種類に分けられます。

  • 消化酵素・・・食べた物の消化と吸収を行う
  • 代謝酵素・・・美容や健康などに関係している

ファスティングでは食事をとらないことにより、潜在酵素が消化酵素になることを防ぎ、その分、美容や健康になるための代謝酵素となって働いてくれることを目的としています。

ファスティングや断食、ときくと「つらそう」と思われる方も多くいらっしゃいますが、例えば朝食を酵素ドリンクに置き換えるだけでも十分ファスティングの効果を得る事ができます。

ただ単に痩せる、と言うことだけでなく、健康面でも免疫力のアップやアイチエイジングなどの効果が期待できますので、朝食だけならはじめやすいと言う方も多いのではないでしょうか。

準備するもの

それではまずはファスティングダイエットを始めるために準備するものをご紹介したいと思います。

●良質なお水

良質なお水と言ってもご自宅に浄水器があれば浄水のお水、なければスーパーなどで売られているミネラルウォーターで十分です。
この時、良質なお水で作ったお茶やコーヒーではだめなのかな、と迷いがちですが、いくら良質なお水を使っていても、お茶やコーヒーは「良質なお水」には含みませんのでご注意下さい。

身体の細胞が欲しているのは、あくまでも「良質なお水」です。量は1日に1.5リットルを目安にするようにして下さいね。お水の温度は基本的には常温で飲むのがおすすめです。

ちなみに我が家では「ブリタの浄水ポット」を愛用しております。水道水のお水がやわらかく美味しくなるので、ご自宅に浄水器のついておられない方はぜひ選択肢の1つにしてみて下さい。
良質なお水には代謝酵素が効率よく働くためには必要不可欠なものになります。

●発酵飲料

酵素ドリンクなどの発酵飲料も準備して下さい。おすすめの酵素ドリンクは下記でもご紹介させて頂きますので、良かったら参考にしてみて下さいね。

妊活ファスティングのやり方

ファスティングダイエットにはいくつもの方法があります。

今回は朝ごはんを酵素ジュースに変えるだけの比較的優しい方法をお伝えしたいと思います。

方法はとっても簡単です。

1、朝は酵素ジュースを飲む

朝起きたら1杯の常温の良質なお水と、酵素ジュースを飲みます。どうしてもお腹が空いてたまらない、と言う場合には玄米などのおにぎりを1つ食べても大丈夫です。ただし満腹感を確かめる為にも玄米おにぎりを食べる場合には、酵素ジュースを飲んでから20~30分はあけるようにして下さいね。

2、お昼ごはんは好きなものを食べてもOK

お昼ごはんは好きなものを食べても大丈夫です。ただし食べ過ぎや早食いには注意して下さい。よく噛むことを意識して楽しんで食事をして下さいね。またお昼は消化酵素が働く時間帯でもあるので、昼食はしっかりと食べた方が夕食の量を抑えることができます。

なるべくならから揚げやとんかつなどの高脂肪・高たんぱくは避けて下さい。迷った時には和食がおすすめです。ちなみに食後に眠気が襲ってきた場合には「食べ過ぎ」のサインです。体内の酵素が多く消化に使われているた、代謝に使う酵素が少なくなり身体の活動が弱まり眠くなると言われております。

3、間食もOKです。

お腹が空く場合には間食をして頂いても大丈夫です。ただし血糖値の上昇率が低いものを選ぶようにして下さい。

間食に適しているもの

・ナッツ類
・カカオ70%以上のチョコレート
・ドライフルーツ

逆に避けた方が良いものは、脂肪分やお砂糖を多く使ったケーキやドーナツ、スナック菓子などです。

4、夕食は軽めに早めに

せっかく朝はジュースだけにしても夜ごはんを食べるタイミングが深夜になったりドカ食いしてしまうと効果は期待できません。なるべくなら夜7時までには夜ごはんを食べ終わっている状態が理想です。また量は「腹八分目」が基本になりますので覚えておいて下さいね。

食べるものとしては、消化の良い食事を心がけるようにして下さい。

夜ごはんに適している食べ物

・食物酵素を多く含んだ食べ物・・・生野菜 お刺身
・発酵食品・・・お味噌汁 キムチ 納豆

この辺りがおすすめです。

どうしても仕事が遅くなる場合には、量を軽めにし、お味噌汁と玄米ご飯だけ、や、サラダと野菜スープだけ、などと上手に調整するように心がけて下さい。

またどうしてもお肉を食べたい場合には、お肉の倍の量の生野菜を食べるようにすれば大丈夫。
ちなみに、夜7時までに食べられる夜ご飯であれば、基本的には何を食べても平気です。

5、遅くても23時にはベッドに入るようにしましょう。

人間は20時から朝の4時頃までは身体を修復する時間と言われています。眠っている時間でも私達の内臓は絶え間なく働き続け、新陳代謝を行い、明日のための体を作ってくれています。

ですのでそれ以外のことには極力エネルギーを使わなくても良いように、なるべく早めに眠ることが大切です。そして質の高い眠りが酵素の量を増やしてくれることも忘れないでいて下さいね。

タイミング

ファスティングダイエットをするタイミングは上記のような軽いものなら特に気にする必要はありません。
ただし本格的なファスティングで3日間は朝、昼、夜と固形物を食べないような場合は、必ず体調の良いときを選んで下さい。

また、生理前や生理中もおすすめできません。生理が終わってから1週間程経ったころが一番痩せやすくて効果も実感しやすいので、おすすめです。

デトックス効果

ファスティングには痩せる以外にもデトックス効果も期待できます。デトックスとは身体の中に溜まった毒素を外に排出する、と言う意味になります。

それではなぜファスティングをすることでデトックス効果も得られるのでしょうか?
答えは言うまでもなく、現代人の多くの方は「食べ過ぎ」であるからです。特に添加物のたくさん入った加工品などを相当な量を摂取してしまっています。

こうした「食べ過ぎ」を日々文句もいわず、人間の体はせっせと消化吸収してくれています。私達が眠っている間にも身体は働いてくれているんですよね。もし私達人間であれば、日夜眠ることも許されずにフルに活動していると、おそらく数日も持たないうちに音を上げてしまうでしょう。

ファスティングを実行することで、日々私達を支えてくれている身体をいたわり、ゆっくりと休ませてあげられることができます。そうして休んでいる間に、腸に溜まった老廃物が自然と処理され、血液やリンパ液もクリーニングされていきます。

こうした身も心もすっきりとリセットされた状態になることも、ファスティングをすることによる最大のメリットと言っても過言ではありません。

またこうしたファスティングによる健康効果を最大限に引き出すためには、先ほどご紹介した「良質なお水」と「酵素」のチカラがとても大切なことであるのも、お分かり頂けるかと思います。

「良質なお水」は体液と細胞をきれいに浄化をしてくれます。そして「酵素」は身体全体のエネルギーの代謝を活性化させる働きがあります。

ファスティングには「良質なお水」と「酵素」をたっぷりと含んだ、お野菜や果物、そしてそれを補助するサプリメントなどが必要と言えます。

注意点

ファスティングダイエットを始めるにあたり、いくつか注意点がありますので参考にしてみて下さい。

●ファスティングダイエットをしてはいけない方

・現在、妊娠中や体調が悪い方にはおすすめできません。
・18歳未満のお子さまもお控え下さい。

●ファスティングダイエット中はだめなもの

ファスティングダイエット中に控えた方が良いものとして、カフェインの入ったコーヒーや紅茶、後、見落としがちなお茶(ノンカフェインの麦茶などはは大丈夫です)は、想像以上に胃や腸に負担がかかりますので控えて下さい。

※ファスティングダイエット中に飲んでもいいものは
・良質なお水
・発酵飲料水(酵素ドリンクなど)
・ノンカフェインのお茶など

になります。

妊活中におすすめの「酵素」はコレ

妊活中に酵素を取りいれることでご自身の身体にどのような有効性があるかご理解頂けたかと思います。
ひとことに酵素と言っても、世の中には様々な酵素商品がありますので、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

せっかく酵素を身体の中に取りいれるのであれば、ぜひご自身に合ったものを見つけて使っていただきたいです。
もちろん酵素はお野菜や果物から摂取するのも良いのですが、足りない部分は良質なサプリメントやドリンクからも摂取すると非常に効率が良く、体にも良いです。

酵素ドリンク

酵素ドリンクは、新鮮なお野菜や果物をジューサーで作ることもできます。しかし働いておられる方、または手間なことはしたくなーい、と言う私のような方(笑)には市販で売られている酵素ドリンクをおすすめいたします。

また先ほどと同じく、第一線で働きながら妊活している方には、毎日の食事そのものが不規則になりがちです。不足したものを良質な酵素ドリンクなどにより補うことができれば、ここ一番の踏ん張りが効き、日々の疲労感にも違いが出てくることは間違いありません。

また、現在酵素ドリンクはたくさんの種類があり、ドラッグストアなどでも簡単に手に入るようになりました。アマゾンや楽天などでもたくさんの種類の酵素ドリンクが出ていますので、よろしければ一度チェックしてみて下さいね。(下記でも少しだけ私のおすすめを紹介させて頂きますね)

酵素サプリ

酵素ドリンクと同じく、酵素は新鮮なお野菜や果物から摂取するのももちろん良いのですが、足りない部分は良質なサプリメントから摂取して頂ければと思います。

野菜や果物に本来含まれているはずのビタミンやミネラル、そして酵素をサプリメントで補うことで、私たちはただただ体調不良が改善されると言うだけではなく、生き生きとした活動力や妊活にも効果が期待できます。

なるべくなら体内の消化酵素の働きを助ける、酵素サプリを基本に身体に必要な微量成分を過不足なく配合した「マルチビタミン」や「マルチミネラル」などのサプリメントを食事の前後に摂取することをおすすめ致します。

酵素玄米

玄米が身体に良いことは言うまでもありません。実は最近、健康にかなり気を使っている知人から「白い食べ物って身体に良くないものが多いんだって」と言う言葉を聞いてしまい、いつも頭のすみっこの方に残っていました。

確かに白いお砂糖は身体に良くないと母から聞かされていたので、我が家では白いお砂糖ではなく「きび砂糖」を使っています。

そして酵素のことを調べていくうちに、やはり白いごはん「白米」も身体にとってはあまり良くないものだと知ってしまいました。理由は白米は精米機を使って胚芽や糖の部分を削り取って口当たりを良くしています。

しかしこの胚芽や糖の部分にこそ、ビタミンB1や鉄分、リン、カルシウム、マグネシウム、食物繊維といった本来お米に含まれている栄養素のおよそ80%が集中しているのです。特に糖の部分には妊活にも大切な酵素がたっぷりと含まれています。それでは残った白米には何が残っているかと言うと、エネルギー源となる糖質(炭水化物)が中心となります。

ですので妊活中の方はぜひ酵素玄米を作ってみて下さい。実は私、玄米はすこーしだけ苦手だったのですが(がんばれば食べられます。笑)この酵素玄米は本当に美味しくて今では白いごはんよりも大好きになりました。

ただ白米を炊くのと比べると少しだけ手間がかかるんですよね。

【材料】

  • 玄米・・・3合
  • 小豆・・・20g
  • 塩・・・・小さじ半分
  • 水・・・・6カップ(玄米の2倍)

【作り方】

  1. 玄米と小豆をきれいに洗います
  2. 玄米に傷をつける為に、1の玄米と小豆、塩、水1カップを入れて泡だて器で約8分間かき混ぜる
  3. 洗ったお水は捨てずにそのまま炊飯器に入れます。残りのお水も加えて6時間以上お水に浸す
  4. 玄米コースで炊く
  5. 炊きあがったら保温にして1日1回かき混ぜて3日間発酵させる

いかがでしょうか?

少し手間はかかりますが、ぜひ1度お試し頂ければと思います。

酵素風呂で酵素浴も効果絶大!

酵素風呂とは発酵させた米ぬかやおがくずの中に入って、発酵した熱のチカラで身体を温めるお風呂になります。

酵素風呂がどうして妊活に良いかと言うと、酵素風呂に入ることにより大切な卵子を酸化させてしまう活性酸素を除去する事ができるからです。

年齢を重ねるごとに体内で作られる量が減ってしまう酵素は、食べ物や飲み物、サプリなどで摂取することも可能と言うことは上記でもお伝えさせて頂いた通りになります。

そしてもう1つ、人は酵素風呂に入ることで、皮膚からも酵素を吸収することができます。酵素風呂にはいることで、酵素はもちろんビタミンやミネラルなどをしっかりと吸収し、細胞を正常な状態に戻すことも可能になります。

この時、電気やガスなどは一切使わずに発酵させた熱だけを使うのが驚きですよね。一体何度まで温まるのかと言うと、なんと50度~70度も温めることができるんです。

また酵素風呂に入ることで、身体を温めることもできますので、妊活には必要不可欠な「温活」の効果も期待ができます。

酵素風呂に入れる場所は「全国酵素風呂ネットワーク」で調べることができるので、興味のある方はぜひ一度チェックしてみて下さいね。

妊活中におすすめの酵素ランキング

次に実際に私が試した酵素の中で、おすすめの酵素商品をご紹介させて頂きたいと思います。

1位 ベルタ酵素ドリンク



色々試した酵素ドリンクの中で一番効果を感じられたのが、こちらの「ベルタ酵素ドリンク」になります。お味も甘くてとっても飲みやすいです。(と言うかめっちゃ美味しい。飲み過ぎ注意!です)

原液でそのまま飲むのも美味しいですが、私は朝は炭酸水に混ぜて飲んんでいて、夜はヨーグルトに混ぜて食べていました。(ヨーグルトは夜食べると一番効果があるとのことなので)

飲み始めて少し経つと、身体の調子が良くなったのが実感できました。先ほども少しお話しさせて頂きましたが、私は元々冷え性で、お布団に入ってもなかなか手足が温まらずに寝つきが悪かったのですが、このベルタ酵素ドリンクを飲み始めてからは、真冬でも手足がそこまで冷たくならず夜もすぐに寝入ることができるようになりました。

あと、安心・安全な日本産と言うものおすすめポイントの1つになります。

> もっと詳しく見る

2位 ベルタ酵素サプリ



こちらもベルタの商品になりますが、私はベルタ酵素ドリンクと併用して飲んでいました。朝晩はベルタの酵素ドリンク、お昼前にはベルタの酵素サプリを摂取していました。ベルタのサプリを飲むことで、期待していなかった便秘が改善できたのが良かったです。

そしてベルタの酵素サプリにはホルモンバランスを整えてくれる作用があります。妊活中の女性はちょっとしたことで乱れがちな自律神経を整え、ホルモンバランスを正常にすることがとても大切なこととなってきます。

> もっと詳しく見る

3位 万田酵素プラス温

万田酵素プラス温

こちらは通販が大好きな私の母から勧められたものです。(笑)お味はプルーンを濃くしたようなお味で、ゼリー状になっています。食べ終わると不思議と身体がポカポカし、「効いているな」と実感できる商品です。

定期的に母が送ってきてくれるので、上記の2つと合わせてこちらもありがたく頂いております。

> もっと詳しく見る

酵素玄米ハイ・ゲンキ スピルリナ

ハイゲンキスピルリナ

この酵素玄米ハイ・ゲンキ スピルリナは私が妊活中と知っている会社の方からすすめられました。酵素玄米ハイ・ゲンキ スピルリナは名前の通り酵素玄米を主に作られた商品になります。

妊娠中には必要不可欠と言われている「葉酸」も配合されており、ヨーグルトや牛乳に混ぜても美味しく頂けます。1回分が1つずつ個別包装されているので、お昼休みなどにも飲みやすくて重宝しています。

仕事が忙しく玄米を炊くことができない時にも、酵素玄米ハイ・ゲンキ スピルリナを意識的に飲むことで、体調が良いまま過ごすことができているのもリピートし続けている理由の1つです。

> もっと詳しく見る

↑酵素の説明に戻る

まとめ 健康的な妊活のために酵素を取り入れてみましょう

妊活しながらいつまでも健康で若々しくいたい、と思うのは多くの女性の願いだと思います。私は実際に妊活のために、酵素を意識的にとり入れるようになって思うことは、日常生活の中で酵素を取りいれることは、思った以上に簡単だな、と言うことです。

朝ごはんを作るよりも、朝は酵素ジュースを飲んだ方が時間短縮にもなりますし、何より日々の体調が良くなりました。
またお昼は好きなものを食べられるし、時間が許せばおやつの時間も取れているので、今の所ストレスは一切感じておりません。夜は少しだけ身体のことを考えながら献立を考えて、酵素玄米とお味噌汁、後は結構好きなものを食べています。(笑)

現在は酵素のおかげで妊活も終了していますが、未だに酵素を積極的に取り入れる生活は続いております。
そして驚いたのが、あれほど納豆嫌いだった主人が、自らお昼ご飯用に納豆を持っていったり、夜ごはんの時にもお味噌汁をお代わりするようまでなりました。今までは納豆は絶対に食べなかったし、お味噌汁も半分以上残していた人なので、びっくりです。

そして不思議なことに、酵素玄米とお味噌汁があれば、夜ご飯のおかずはもう1品あれば十分、と思えるようにまでなってきました。あ、これは年のせいかもしれません。(笑)

とにかくまずは何か1つをはじめて頂ければ、日々の体調の変化に気づいて頂けるのではないかと思います。

妊活中はある意味で自分との戦いになるのかもしれません。そしてなかなか結果がでずに落ち込んでしまうこともあるでしょう。そんな時にはぜひご自分の良いところや、小さな変化にも目を向けるようにしてみて下さいね。そしてがんばっている自分を思いっきり褒めてあげて下さい。

どんな時でもご自分を慈しみ、愛することで、いつしか前向きになりなりたい自分へとぐっと近づくことができるはずです。

私の書いたことが1人でも多くの方の参考になり、はげみになれればこんなにうれしいことはありません。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

-妊活コラム, 妊活中の酵素